田心通信

田心通信|令和六年 一月号

コンテンツ

【田心通信】 令和六年 一月号

新年明けましておめでとうございます。
今年も毎月田心通信を通して直営店情報やお米に関するアレコレをお届けいたします!
本年もお米場田心をどうぞよろしくお願い申し上げます。

1月はゆうだい21祭

今年最初の品種イベントは注目の品種『ゆうだい21』にフォーカス。

『ゆうだい21とは?』

ゆうだい21は1990年に、前田忠信宇都宮大学名誉教授(当時農学部教授)が農学部附属農場で偶然発見した稲穂の株を元に、20年もの年月をかけて開発し2010年に品種登録された、宇都宮大学生まれのお米です。

1990年、前田名誉教授はハイブリッドライスの栽培試験圃場の中に、明らかに他と異なる形状の稲穂の株を発見。その稲穂は株が極めて大きく、雄大な姿形をしていたことから、前田名誉教授は直感的に品種としての将来性と有用性を感じ、この株を継続して選抜試験にかけることを決めました。これが、のちのゆうだい21につながっていくのです。

品種名の由来は、宇都宮大学の別称である「U大」の「U」、農場の雄大さと稲穂が優れて「大」きいという特徴、さらには「21」世紀の主役となることを願い『ゆうだい21』と名付けられました。

食味は甘味や粘りが強いのが特徴。お米と言えばコシヒカリという方も多いと思いますが、食味は粘りがあり、甘みと硬さも適度にあります。炊飯時には独特の粘りがあり、冷めてもその特性が失われにくいという点からおにぎりやお弁当にも最適です。

お米場田心でしかできない!様々な生産者さんのゆうだい21が集結!

昨年の新米時期にはメディアに多く取り上げられたりと、多くのお客様にゆうだい21を知っていただくことが出来ました。
お米場田心では2年前から取り扱っており、じわじわ人気が出てきたところで昨年一気に大フィーバー!新米発売と同時に瞬く間に令和5年産の顔となりました!

お米は同じ品種であっても産地や生産者さんの栽培方法により味や特徴が変わるもの。もちろんゆうだい21も同じです。
お米場田心では、今月よりゆうだい21の取り扱い生産者さんの人数をぐっと広げて、皆様にお楽しみいただくことが出来るようになりました!
ゆうだい21の中から、お好みのゆうだい21を見つけてみてください★★★

ゆうだい21はこんな方におすすめ
✓ 食べごたえのある、大粒なお米がお好きな方
✓ 話題の品種が気になる方
✓ 新米時期にゆうだい21を食べてとても美味しかった!という方

お米場田心が取り扱う『ゆうだい21』

■山形県高畠産 特別栽培 ゆうだい21(生産者:遠藤五一さん)

お米界のレジェンド遠藤五一さん。なんとゆうだい21伝道師の名も持つゆうだい21栽培のプロです。
五一さんのゆうだい21はもっちりふくよかな柔らかい炊き上がりが特徴。冷めても水分量多めのもっちり感が継続します。

ゆうだい21

山形県高畠産

遠藤五一さんのゆうだい21

山形県高畠産 お米界のレジェンド 遠藤五一さんが作る「ゆうだい21」

8,726円(税込)

遠藤五一さんが生産監修した2種類が新登場!お米界のレジェンド・遠藤五一さん。
誰もが美味しいと感じるお米を作るお米作りの巨匠です。
そして令和5年産、お米場田心が持つ南魚沼と奥阿賀の田んぼで、はじめて五一さんに監修いただき試験的な栽培が実現!
五一さんが作る美味しいお米の栽培方法に近い栽培を新潟県で行ったところ、大変美味しいゆうだい21が育ちました。

普段新潟県産をよくお召し上がりのお客様に食べていただきたいゆうだい21でございます!

■新潟県八田蟹産 特別栽培 ゆうだい21(生産者:越後ファーム奥阿賀八田蟹農場)

COMING SOON...

試食会の時にスタッフから『美味しい!』と声が多かった新潟県奥阿賀八田蟹農場のゆうだい21。
雪蔵今摺米を育てる新潟県奥阿賀で育ったゆうだい21は、山間部で育つ特有の美味しさで旨みが詰まっています。
今年試験的に栽培した奥阿賀八田蟹農場。
遠藤五一さんの指導もいただけたことで、栽培にミネラルを使用するなど美味しさ満点の仕上がりとなっています!

■新潟県南魚沼産 特別栽培ゆうだい21(生産者:越後ファーム南魚沼塩沢農場)

COMING SOON...

米どころ新潟県南魚沼塩沢で作ったゆうだい21。
今夏の猛暑の影響で魚沼産のお米の品質がよろしくないと言われていますが、ゆうだい21は高温耐性があることで穂が倒れにくく美味しく育ちました。
南魚沼塩沢農場も遠藤五一さんの指導をいただく事が出来、栽培にミネラルを使用。産地が生み出す美味しさをお楽しみいただくことが出来ます。

■岐阜県産 特別栽培 ゆうだい21(生産者:まんま農場)

COMING SOON...

■栃木県大田原産 ゆうだい21(生産者:阿久津政英さん)

新米時期、メインで販売をしていたのが阿久津政英さんのゆうだい21。
栃木県大田原で栽培をしており、噛み応えのある粒感が特徴で噛めば噛む程お米の優しい甘みが広がります。もっちり系品種の甘みとは異なるためお口に残りにくいさっぱりとした味わいをお楽しみいただくことが出来ます。
阿久津さんが作るゆうだい21は【農薬・化学肥料不使用米】もご用意いたしております。

ゆうだい21

栃木県大田原産
ゆうだい21(白米)

 

コシヒカリよりも甘味や粘りがと良いのが特徴の「ゆうだい21」。炊飯時に独特の粘りがあり、冷めてもその特性が失われにくいという点から、おにぎりやお弁当にも最適です。

6,566円(税込)

ゆうだい21

栃木県大田原産
ゆうだい21(玄米)

コシヒカリよりも甘味や粘りがと良いのが特徴の「ゆうだい21」。炊飯時に独特の粘りがあり、冷めてもその特性が失われにくいという点から、おにぎりやお弁当にも最適です。

7,776円(税込)

宇都宮大学農学部が育てた小麦使用・宇どんプレゼントキャンペーン

2024年1月20日(土)〜2月4日(日)まで対象のゆうだい21を4,000円以上お買い上げのお客様に【宇どん】をプレゼントいたします。

■ 対象のゆうだい21
・山形県高畠産 特別栽培 ゆうだい21(生産者:遠藤五一さん)
・新潟県八田蟹産 特別栽培 ゆうだい21(生産者:越後ファーム奥阿賀八田蟹農場)
・新潟県南魚沼産 特別栽培 ゆうだい21(生産者:越後ファーム南魚沼塩沢農場)
・岐阜県産 特別栽培 ゆうだい21(生産者:まんま農場)
・栃木県大田原産 特別栽培 ゆうだい21(生産者:阿久津政英さん)
・栃木県大田原産 農薬・化学肥料不使用 ゆうだい21(生産者:阿久津政英さん)

※商品はご購入いただきました商品と一緒にご配送先一箇所におひとつ同梱させていただきます。
※ご注文者様とお届け先様の住所が異なる場合、お届け先様の商品と一緒に同梱させていただきます。別途ご注文者様にご配送することは出来兼ねます。予めご容赦くださいませ。
※こちらのキャンペーンはお米場 田心公式オンラインショップのみのキャンペーンとなっております。
※こちらのキャンペーンの宇どんは数に限りがございます。無くなり次第終了となりますので、予めご了承くださいませ。

2023年の人気商品を発表!〜お米場田心編〜

昨年、たくさんのお客様に『どれがおすすめ?』『これ美味しい?』とお問合せを頂戴しました。

そんな時、オンラインショップも直営店でも伺うのは『お客様のお好み』。
『ご飯粒がしっかりしてるのが好きなの!』
『もう高齢だから柔らかいほうがいいんだけど』
『いつも土鍋で炊くから土鍋で美味しく炊けるお米が欲しい』などなど。

お米場田心では、これまでにたくさんのお客様に接客をさせていただいたお米のプロが、お客様に合ったお米をご提案させていただいております。

とはいえ、お米屋さんがおすすめするお米をまず食べたいというお客様もいらっしゃることから、オンライン・直営店別の2023年ベストライスを発表したいと思います! お買い物の参考になればと思います。

●オンラインショップ(白米5kg)

新大コシヒカリ

今年10月にデビューした新潟大学が開発したこしひかり。
今夏の猛暑を耐え抜いた稲には、暑さから身を守ろうと旨みをぎゅっと閉じ込めた美味しさがぎっしり詰まっています。
お客様からは『米どころの魚沼産より美味しくてびっくりしちゃったよ!』と嬉しいお声をいただくことも♪
12月には大学の三ツ井教授が新大コシヒカリと同じ地域で生産したコシヒカリよりも優れた数値が出たことでも話題となりたくさんのお客様の注目を集めました!

ゆうだい21

新潟県産

新大コシヒカリ 5kg

このお米が手に入るのはお米場田心だけ!美味しさを未来につなぐ新品種「新大コシヒカリ」の販売がスタートしました。ボリュームたっぷりの5kgのお米です。

4,914円(税込)

●直営店(二合)

新潟県十日町産こしひかり(JAS有機栽培)

お米場田心直営店オープン当初から人気のJAS有機栽培こしひかり。
特にこちらの商品は【雪蔵今摺米(籾保管)】という特別な保管方法になっていることから1年を通して変わらぬ美味しさをお客様にお届け出来る商品で人気をいただいております。
2合の詰め合わせに1つ『有機栽培』があるだけで高級感が出る!というお客様からのお声も多いのです。

オンラインショップでは残念ながら2合のお取り扱いはございませんが、5kgでのお取り扱いをしています。
十日町の美味しいお米が育つ環境で育った極上のこしひかりを是非ご堪能下さいませ。

ゆうだい21

新潟県十日町産

雪蔵今摺米 コシヒカリ

程よい粘りと、バランスの良い甘さが特徴のコシヒカリ。どんなおかずとも相性が良く、美味しく頂けます。いつものこしひかりと食べ比べて見てください。

10,130円(税込)

●全店共通(お餅)

やなどり餅

不動の人気やなどり餅が圧倒的な人気となりました!!
年末には非常に多くのお客様からご注文をいただき、『美味しすぎて追加注文お願いしたいんだけど!』とお電話にてご注文をいただくお客様も多くいらっしゃいました。

とにかく濃厚で贅沢感いっぱいの極上餅・やなどり餅。
お雑煮にはもちろん焼き餅でも、なにもつけずにそのままでも美味しいと大好評です。

お餅は季節ものですが、お在庫がある限りご注文は可能でございます。
お餅は野菜室での保管が可能ですので、非常食になるのも嬉しいポイント。
軽食でいいと感じる朝の朝食にもぴったりです。

お客様からよくいただく質問

『もう新米じゃないの?』

年が明け、しばらくすると店頭でお客様に『これはもう新米じゃないの?』と聞かれることが多くなります。
お米の収穫は基本的に年に1回なので、令和6年(2024年)1月1日以降に精米・包装されたお米も新米と同じ令和5年(2023年)に収穫されたものなのです。
精米時期が異なることで、新米と言える時期、言えない時期が分かれるということなのです。
更にお米場田心では取り扱うお米全てを【雪蔵】という天然の雪の冷気で1年間保管。
1年を通して新米のような美味しさを楽しんでいただくことができます。
今年も変わらぬ美味しさをお楽しみくださいませ♪

今月の生産者来店イベント

お米場田心では今年もたくさんの生産者さんをお招きして、店頭にて試食販売を行っていきます。
お近くの方は是非直営店でのお買い物をお楽しみくださいませ。

【1月の来店イベント】
★島根県美都町・寺戸さん(龍の瞳)
 2024年1月7日・8日:伊勢丹新宿本店
★北海道雨竜郡北竜町・黄倉さん(ゆめぴりか)
 2024年1月13日:日本橋三越本店  1月14日:西武池袋本店
★富山県黒部・橋本さん(こしひかり・富富富)
 2024年1月20日:日本橋三越本店  1月21日:西武池袋本店

大学が開発したお米特集
新大コシヒカリ特集
お餅
雪蔵今摺米
2kg×2個
生産者厳選
白米・玄米
2合キューブ
内祝い・出産内祝い・ギフト お米
web限定